チラシデザインとマーケティング

チラシデザイン

チラシデザインは、ターゲットとなる購入者の綿密なリサーチが重要だと考えられています。ただ単に、おしゃれなチラシデザインが、「チラシ」を手に取る側の購買意欲を刺激するのではありません。チラシデザインには、それなりの理由をみつけてレイアウトする必要性があるのです。そのような必要性を理解した上で、戦略としての、「商品情報」、「商品機能」、「商品の特徴」などを、的確に購入者となる人々に伝えて行かなくてはなりません。ただ単に商品名と、商品の写真やイラストが掲載されているのが、チラシデザインではないのです。そう考えていくと、明日の新聞に折り込まれている「チラシ」を手に取る際に、皆さんの観点が大きく変化するのではないでしょうか?チラシデザインは、手に取って欲しいカスタマーに向けて、作成されるべきなのですが、折り込みチラシや、ポスティングされている数々のチラシデザインを見る限りでは、顧客ターゲットの絞り込みに取り組んでいない、マーケティング力の弱いチラシデザインを見かける事は多々あります。そのような「チラシ」は、顧客の手元に届いたとしても、十分なメッセージ力をもたない事が原因として、ただの紙切れと化してしまうのです。できれば、そのような「チラシ」の結末は避けたいと考えています。地球環境の観点から考慮しても、ゴミを新聞に折り込んだり、ポスティングするしたりする事は、環境破壊を行っている事と同様の事です。そのような観点から、今一度、チラシデザインをリサーチしてみましょう。優れたチラシ制作のあり方が見えてくるような気がしています。