チラシデザインは、ターゲットとなる購入者の綿密なリサーチが重要だと考えられています。ただ単に、おしゃれなチラシデザインが、「チラシ」を手に取る側の購買意欲を刺激するのではありません。チラシデザインには、それなりの理由をみつけてレイアウトする必要性があるのです。そのような必要性を理解した上で、戦略としての、「商品情報」、「商品機能」、「商品の特徴」などを、的確に購入者となる人々に伝えて行かなくてはなりません。ただ単に商品名と、商品の写真やイラストが掲載されているのが、チラシデザインではないのです。そう考えていくと、明日の新聞に折り込まれている「チラシ」を手に取る際に、皆さんの観点が大きく変化するのではないでしょうか?チラシデザインは、手に取って欲しいカスタマーに向けて、作成されるべきなのですが、折り込みチラシや、ポスティングされている数々のチラシデザインを見る限りでは、顧客ターゲットの絞り込みに取り組んでいない、マーケティング力の弱いチラシデザインを見かける事は多々あります。そのような「チラシ」は、顧客の手元に届いたとしても、十分なメッセージ力をもたない事が原因として、ただの紙切れと化してしまうのです。できれば、そのような「チラシ」の結末は避けたいと考えています。地球環境の観点から考慮しても、ゴミを新聞に折り込んだり、ポスティングするしたりする事は、環境破壊を行っている事と同様の事です。そのような観点から、今一度、チラシデザインをリサーチしてみましょう。優れたチラシデザインのあり方が見えてくるような気がしています。

チラシデザインの導入と本文


チラシデザインの導入部というのは、写真の出来栄えがとても大事です。メインのイメージになるので、一番人気の商品といったものを使いましょう。元気でホットなイメージを表現するというのも大切です。たとえばレストランのイベントなら、そのメインの料理を食べるとどんな気持ちになるかというのも表現しておきましょう。本文の部分というのは、チラシの夫も基本的なじっくりと見て欲しいところだと思います。商品をしっかり選べるような作りにしましょう。説明的で実質的な配置をすることが望ましいとされています。商品のサイズ、寸法、材質、価格といったもの、購入を決定する商品情報を丁寧に見せることも大切です。アイテム数というのは、B4裏表で100種類は載せることができます。上品、高級のイメージを強調したいなら、チラシは商品アイテムを絞っていくべきです。逆に役立ち感を表したいなら、多めにしていきましょう。これはライバル店のチラシをよくチェックすることが大切です。他店を参考にして、掲載するアイテム数を決めていきましょう。本文の部分のコピーというのは、メインキャッチとなるのは、イベント名となります。ここで最も目立たせることが必要です。サブキャッチも考えましょう。レストランならば、イベントによって飲み物を飲み放題とか、好きなサイドメニューを付けるといったことをわかりやすく書きます。共感のわく文章にして下の本文を見てもらえるようにします。それからイベント期間を入れます。その期間に行きたいと思ってもらえるようなコピーにします。例えば(8月31日まで!)とすれば期間内に行かなければ、早く行こうという気持ちにさせます。そこでメニューを選んでいるような構成にしましょう。

チラシデザインの証明部分とは


チラシに証明部分が必要なのは、店の責任を証明するためです。かならずスペースを取りましょう。店名や住所、電話番号、購入方法や駐車場の有無などが書かれていること。これが店の責任体制を消費者に分かってもらうことになります。消費者に安心してもらうために非常に大切なことです。文字組みはあえて目立たせる必要はありません。逆に目を近づけないと読めないような小さな文字で表します。けれど、定位置なので、必ず見つけてもらえるということが必要です。信用の不足は、丁寧な責任証明で補うという意識が必要です。チラシの配布ルートというのは、制約がなく自由です。その分、信用度という点では低くなるということもあります。信用不足を補うためには、責任の所在証明が重要です。店名や社名をはっきりと表示するのはもちろんですが、住所や電話番号、同業者間で決めた登録番号といったものも詳細に表示しましょう。チラシデザインでどのような目的なのかはとても重要です。来店型のチラシだったら、実物を見たいと思わせることが大切です。商品を入手するとどんなに楽しいか、そのイメージを視覚化しましょう。実物は来店して確認してもらえるので、商品の説明の方は簡潔でも大丈夫です。商品の説明よりも、その商品を実際に見てみたいと思ってもらうことが大切となります。チラシの中で、まず目がいくのが左上です。ここには一番売りたいお買い得商品を載せていきましょう。その他にも、四隅は定番や日替わりといったお買い得情報を散りばめていきます。こうすることで、早くお店に行かなくてはという気になるとされています。いつでも入手できるものより、季節限定を押すことも、早く行きたいと思いにさせます。