チラシの目的

チラシを作るためには、まず目的を考えなければなりません。目的もなくチラシを作ることはまずありえないのです。例えばあるスーパーでは、月末のSALE期間に向けて、お店の来客数をあげようと、チラシを作成することにしたそうです。初回のチラシ作成では全くと言ってよいほど、お客様の来店数に反響がみられなかったので、2回目以降はしっかりと目的を決めて作成することにしたそうです。今回はおみやげクーポン付きのチラシにしようかと、現在、試作品を製作中なのだとか。さて、チラシデザインを試みる上では、自分がいかにお客様の立場に立ってデザインするかということも大切です。チラシデザインを考える事は、お客様の内面までも読み解くような作業工程でもあります。店内のPOPと同じく、お客様の立場に寄り添ったデザインへの探求心が必要なのかもしれません。たかがチラシ、されどチラシ。成功すれば、利益を得ることができますが、失敗すれば宣伝費用が無駄になってしまいます。チラシ配布の時期も考えたいですね。業種によってはゆっくりとチラシなどを眺められる週末か週末前の金曜日などが狙い目、なんて場合もあります。この辺りにも、様々なデータが出されているようなので、参考にしていきましょう。