あるスーパー店員とチラシデザイン1

Uncategorized

あるスーパー店員とチラシデザイン1

前回、店長から頼まれたお店のチラシづくりは、大失敗してしまったので、リベンジ・チラシデザインとして、来月末のセールには、チラシを見たお客様にご来店して頂けるようなチラシデザインを目指したいと考えています。お客様が、商品を買いたくなる理由として、「安さ」はもちろんあるのですが、「安さ」だけの商品には、チラシを見ただけは購入までには至らないケースが多いのだそうです。思わず商品を買いたくなる心理とは、その商品がどのように「良い」のかという点をアピールする事が必要なようです。これは、「安い」だけだは、質の悪い商品を購入してしまう可能性を回避する傾向があるからと言われています。売り込みたい商品の「安い」アピールの他に、その商品が、どのような商品であって、お客様にとって「得」になる商品であるという事を、自然にアピールする事が重要な要素のようです。チラシデザインの戦略として、あえて「価格」を乗せない方法もあるようです。その商品の良さを伝えた上で、その商品に惹かれた人が、ご来店してくれる事にターゲットを絞ったチラシデザインになるようなのですが、来月に向けてのチラシ製作は、「SALE」がメインになるので、価格を表記しない方法は、少しばかりギャンブル的なチラシデザインではないかなぁと考えています。「価格」よりも「商品」に惹かれて、ご来店して頂けるお客様は、より一層の固定顧客としての期待をもてるようなのですが、来月へ向けての広告としては、もう少し案を練った方が良いかなぁと考えております。