デザインに加える言葉

Uncategorized

デザインに加える言葉

チラシデザインには、こだわりを表すコピーが必要です。限定した言葉を加えると人はこだわりを感じるといいます。そうすることで、チラシを見る人との距離も近づきます。お酒のことを、銘酒とか古酒、新酒というような限定しただけで気持ちに1歩も2歩も近づくといわれています。お買い得感を表すコピーも大切です。お一人様3点までといったことや、売り切れ御免というものです。お買い得な2日間といったもの、数量に限りあり、といった言葉にもお買い得を感じてもらえるものです。さらに具体的に40%オフというものや、半額セールといえば、お買い得感はさらに増します。「しっとりなのに、さっぱり」「味覚はやどり」「子どもがよろこぶ」というものだと、どんなものか手に取りたくなります。「社会人必須アイテム」「大人カジュアル宣言」「通勤アイテム」「おしゃれ」「おとなを演出する」というものだと、会社勤めの人にアピールすることができます。「リラックス」「ホテル風ディナー」「上級カジュアル」「ちょっとリッチに」「たまにはリッチに」というものだと、たまの外食を誘ったりします。「ふるさと」「なつかしい味」「昔ながらの」といったものもチラシのコピーによく使われます。限定、安価ということだと、「冷凍食品半額」「全品20%OFF」「ポイント2倍デー」「手数料は無料」「大幅値引き」「驚きの価格」「見切り市」「特売セール」「大売り出し」といったとこおです。スペシャルセールや特売といったところでは「ズバリ!」「おすすめ」「感謝を込めて全店感謝セール」「大セール」「ラストチャンスセール」「一挙大公開」「大作戦」「赤札市」といった言葉を使うといいでしょう。